今年の実生トレイ3つ(1年目)

(樹ごとの)成長記録

今年の実生トレイ3つ(1年目)

はいどーも、まゆぼっさです!

今日は実生の苗床について

記録を残そうかと思います。

 

実生苗床って葉が生い茂ると

足元まで見ることがなくなるので

1本1本の細かい管理が難しいんですよね。

 

言い訳ですね。

 

そんな言い訳の中、順調に育ってくれてる

実生苗床を3つ残します

1つ目

1つ目は「池尻大橋駅」付近で採取した紅葉です。

モッサモサw

足元は見れないし、手も入りません!

欲張っていっぱい植えたのが失敗でした。

大した曲も入れれず野放し状態なので

早いとこがっつり曲を入れたいところ。

これの右端10cmくらいに「珊瑚閣もみじ」の種も植えたのですが

1本たりとも赤幹のもみじは生えませんでした。

だ・ま・さ・れ・た」ちくしょー。

あ、もしかして冬場に赤くなるとか??

わかりませんが、今のところ

池尻大橋のもみじとほとんど変わりないです。

2つ目

2つ目は色々寄せ植え状態です。

左から

  1. 老爺柿(黒鵬)
  2. 梅もどき(蒲田で買ったやつに付いてた実から)
  3. 黄ズミ(双幹黄ズミに付いてた実から)
  4. 梅もどき(はるかぜ梅もどきに付いてた実から)

の実もの4点盛りです。

個人的に楽しみなのが老爺柿の「黒鵬」です。

10芽くらい出てるので、

3つくらいは実がなる樹になるんじゃないか、

なって欲しいと思っています!

 

3つ目

3つ目ももみじです。

これは近所の神社から種を拾ってきたやつです。

意外に芽がでるものなんですね。

地植えで樹勢がいいと、

種もしっかりしたものが育つんでしょう。

このトレイは若干土が少なめ。

実生した時に土がなかったんですw

ま、これがいい結果になるかもしれないし

このまま行ってみようかと思います!

 

最後に

実生苗床を見てて思うのはやはり

「手を入れにくい」です。

さすがに詰め込みすぎました。

実生したその年、実生直後に「鉢上げ」して、

1苗ずつ黒ポット管理したり、

苗床でも間隔を開けて植えたりと、

管理体制を整えるのがいいかもです。

鉢上げ時にしっかり曲を入れることもできますし。

来年はそれでやってみようかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました