黄金イタヤカエデが落葉しました。

今日は黄金イタヤカエデ↓

黄金ってコガネですかね?オウゴンですかね?おそらく前者ですが、後者の方が好き。はい、それは置いといて、

こちらの黄金イタヤ楓は、ホムセンで手に入れたもので、「接木」の素材なんですね。だから純正を目指そう!ということで6月に取り木をかけて、それからずっと放置してました。

だからじゃないですけど、足元がフリーダム状態です。

そしてもう落葉寸前。

標高の高い地域の品種なんですかね?他の品種に比べて落葉が早いです。

とりあえず足元掃除しときました↓

足元は取り木外した後に廃棄する部分なので少し雑な作業ですが、こんなに綺麗な苔が取れましたよ↓

それだけ。カサブタ綺麗に剥がれたからみてー!の感覚。

で、改めて全体を眺めてみる↓

上からも↓

成長が非常に遅く、折れやすいので針金掛けも難しい、楓の中では難易度高めな品種です。

最後の落葉を手伝って↓

これで冬入りです。

来春芽吹く頃に、切り放そうかなと思います!

タイトルとURLをコピーしました