山もみじを買ってみた(201810−1)

(樹ごとの)成長記録

山もみじを買ってみた

はいどーも、まゆぼっさです!

今日は盆栽の中でもっとも好きな樹種、

山もみじです!

好きな樹種なのにあまり持ってない不思議

そうなんです、うちの棚に山もみじは2鉢しかありません。

好きなのに、なんだろう、好きすぎて、

「山もみじは気に入ったものしか置かない」的な

変なこだわりが出て、

あまり山もみじを置いてなかったんです。

そのかわり変な「素材」ばっかり増えて、

棚は埋まっていくので

「安物買いの棚スペース失い」状態です。

これじゃダメだと見つめ直し、

多少形が悪くても「もっと山もみじに触れて行こう!」と、

今回の山もみじゲットに至りました。

とにかく触れて触れて山もみじに

慣れていく作戦です。

 

今回ゲットした山もみじ

ゲットした山もみじはこちら!

細身でスラッとしたボディです。

もっとも低い枝の位置が4〜5cmくらいですかね。

低い位置の枝で立て替えてもいいですが、

この細身のままでもいいかなという気もしてます。

そして、枝はどの枝も「間延び」がすごいので作り直しかな?

 

下から煽って撮るとこう

鉢底と頭頂部を針金で結んで

引き倒すのもありか??

てか曲がるのか?

バキっ!!って折れるかな?

 

左肩(左上)付近には2箇所の大きな枝抜き傷があります。

これはまぁ大きいですが、どうしようもないので、

とりあえずそのまま放置です。

ある程度巻いてきたら傷をつけて肉巻き促進とか

やってみようかと思います。

 

裏から見るとこう

これに「座」がつけばいい感じになるんじゃないかと。

 

足元はこう

「座」っぽいものはまだ見えません。

そして「根」はかなり詰まっているように見えるので

来年「植替え」します。

少し鉢を緩めて根の発達を促してみようかな。

「座」のすごい山もみじに憧れています。

 

上から見るとこう

葉が若いように見えるので、きっと最近「葉刈り」して

新しい葉が生えてきていたところだと思いますが、

この新しい葉の「縁」が赤くなるのが「山もみじ」ってイメージがあります。

山もみじとイロハモミジの

違いとか分かっていませんが、

なーんとなくこのイメージがあります。

山もみじの中でもさらに違いはあると思うので

一概には言えませんし、もっと色々と見てみないと

何が正しいかは分かりませんが、勝手なイメージです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました