四国五葉松の針金を外す

五葉松

四国五葉松の針金を外す

はいどーも、まゆぼっさです!

今日は五葉松!

小さくギュッとされた四国五葉松ですが

よくよく見たら針金が食い込んでました。

このタイミングで外してあげようと思います。

作業前 -Before

作業前の姿がこれです

こんな感じで、いたるところが食い込んでます。

そして針金がかなりサビ食ってます。

銅線ということ?

期間はわかりませんが、

長期間放置されてたように見えます。

作業後 -After

小さい樹なので、量は少なかった。

チャチャっと外しました。

思ってたより食い込みも「深くなく」、

」にならなくて良かったです。

肝心の「」はうまく付いてるようです。

ギュギュッとされた「良い」素材なので

維持できるように見守っていきます。

 

ちょっと枝を移動するだけで変わるミニ

今の正面がここ。

なんかごちゃごちゃしてて

よく分からないんですよね。

そこで、この枝↓をちょっとだけ持ち上げます。

これで本幹が見えるので、

樹の流れ、雰囲気が分かると思います。

ミニなのでこのちょっとした一手間で

ガラッと変わっちゃうんですよね。

 

経験を重ねてこの

「こうしたら良くなる」の感性を

積み上げていきたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました