偽りの差し枝を詰めた梅もどき 旺盛な芽吹きです

梅もどき

偽りの差し枝を詰めた梅もどき 旺盛な芽吹きです

はいどーも、まゆぼっさです!

今日は、この間「偽り」の差し枝を詰めた

梅もどきです!

 

2週間ほど前にこれを

 

こうしました

 

 

それが今は?

それが今はこうなってます

切り戻した枝元から

新しい芽が吹いてます。

 

 

各枝1〜2本です。別角度(裏)から

梅もどきは「互い違い(交互)」に葉が生えるので、

同じ位置から生えるのは1芽だけ。

ガッツリ1芽残しで詰めると

基本的には1芽吹いてくるようです。

 

切り戻す長さ(残した芽数)を伸ばすと

複数芽が動く感じですね。

 

モミジのように「対」に生える葉だと

同じ位置から2芽出てくるので

枝数を増やす時に便利ですが、

梅もどきのように互い違いだと

枝を増やすには2芽以上残す必要があるようです。

 

 

ただし!

今回はがっつり詰めましたが、

樹勢が良かったのか

そこに芽があったのか、

胴吹きっぽく2芽吹いてるところも多々あります。

これの頭頂部ですが、

 

アップにするとこうです

わかりますかね、右2本はそれぞれ

2芽ずつ動いています。

 

 

後ろ枝もよく見てみると(左下一番低い新芽)

 

アップにしますね

2芽動いています。

片方はごくごく小さいので枝になるまで伸びるかは

わかりません。

 

大人しそうに見えて樹勢が良かったんですかね。

あ、そうだ、

この枝が固まる前に曲げなきゃですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました