真柏で螺旋を制する

盆栽成長記録

真柏の挿し木素材です↓

元々はこう↓

シングルの螺旋でしたが、

隙間を埋めるように他の枝を

巻きつけた姿がこう↓

これをやったのが去年の10月。

で、今の姿がこう↓

ほとんど変わりないです。

なんとか冬を乗り越えてくれました。

このまま剪定を最小限に抑えて

「樹勢」を保ち、

肥培して更なる樹勢アップを

目指します。

この螺旋を重ねる案が

果たしてどうなるのか、

これからが楽しみです。

さらにアップで見るとこう↓

予定では、

毛糸を手で丸め直したような

不恰好な塊ができる想定。

それをベースに盆栽としての形を整え

ユニコーンの角のようなボディを

つくるつもりですが

何年かかるんだよ!というくらい

途方もない挑戦をしています。

裏から見るとこう↓

この角度で見たら螺旋になってるのが分かります↓

ある程度できた素材を買うのが早いのは分かりますが、

真柏のある程度できた素材は高価なので

自分で作るしかないのが現状。

てか、ユニコーンのツノに

なりそうな素材って

売ってないですよねw

高価すぎる話を起点に少し

逸れたないようになりますが

実は、

ブログを始めた当初の予定だと、

今時期には「月に数万円」の収入ができているはずだったんですw

うまくいきませんでした。

人生そんなもんですよね。

ただ、成功する確率を数パーセントとするならば、

30〜40回くらい行動したら

何か一つは成功する計算なので

色々とやってみるべきなんですよね。

その中の1つ(ブログ)が

現状うまくいってないってだけで

挑戦し続ければ何かうまく行くハズです。

挑戦と改善を高回転で回して行く必要がありますね。

真柏の素材作りも、

小さい挑戦の1つです。

タイトルとURLをコピーしました