赤松 芽切り効果で短葉ナウ

盆栽成長記録

赤松 芽切り効果で短葉ナウ

はいどーも、まゆぼっさです!

今日は赤松をいじろうかと思います。

この樹は7月に芽切りをして

短葉を目指しているところです。

短葉を目指してる今の姿は?

今の姿がこうです

かなり短い!!

いい感じでキープできているようです。

短葉法を実施しないとどれくらい伸びるの?

去年の何もしていない姿がこれです。

剪定も入れてますが、だいぶ短葉になったのが

おわかりいただけるかと。

冬まで?来年の芽吹きまで?

今年の「成長」がどの程度まで

「抑えられるのか」楽しみです!

枯れるなよー!w

 

葉のアップ

短葉挑戦中の芽はこんな感じです。

ちょっと白カビっぽいのが気になります。

左の長いやつは「芽切り」の際に切り残した

今年の葉です。

この葉も芽切り時に「カット」したのですが

ここまで伸びてきました。

 

 

全体的に短葉に抑えられています(今のところ)。

この背中の芽とか、

「いいとこに生えてきてくれた!」

って感じですね。

大事に維持します。

追加作業

ついでではありませんが、

右に90度回したこの角度。

この「要るか?」って感じの裏枝、

二股の片方が枯れちゃってるので

針金を外して整形し直そうかと思います。

では、チャチャっと外しまして、

枯れた枝を落とします。

もう一度針金を巻いてグイッとこう。

こうすると、表に回った時に

曲の内側にワンポイントを置くことができます。

ま、要らないっすね。うん。。

一応保険として残しておいて

時期が来たらジンにしちゃいますか。

このまま短葉赤松が維持できたらいいなー!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました