大宮盆栽祭り2018の戦利品

(樹ごとの)成長記録

大宮盆栽祭り2018の戦利品

はいどーも、まゆぼっさです!

今日は大宮盆栽祭の戦利品をご紹介です。

 

行く前は「黒松・五葉松」のボディができたものを

手に入れるぞと意気込んでましたが、

結局いいものに巡り会えず。

また素材ばっかり増えちゃいました。

 

いやー、売ってる盆栽をみると

「高いな」とか思っちゃいますが

いざ自分で作ると

「今までの苦労をそんな値段じゃ売れない」って

なるのが不思議ですよね。

 

ではいきます

まずは鉢ですね。

昨日の記事でも書いたおもしろい模様の鉢。

きっちりした形じゃない自由形の鉢です。

模様と色と値段に惹かれてGET。

 

ちゃんと底穴も空いてるので

なんの問題もないです。小さい方が嫁用で

大きい方が自分用。

 

嫁はこれに植えると張り切って

五葉松の苗もGETしてました。 那須だったかな?確か。

初めてで五葉松を選ぶなんて

なんて渋い選択なんだろうと

感心しました。

 

で、帰ったら早速植え替えてました。

若干根上がりにしてバッチリです。

根は極力崩さないように、

そして一切捌かずにソーッと鉢移動しただけ。

 

植え替えるときに思ったのですが、

鉢底の網を固定する針金を

鉢穴から外に出すじゃないですか?

この鉢、足がないので

その出した針金が邪魔になってまっすぐ立ちません。

きっと底網を敷いても針金で固定せず使えって

ことなんだと思います。

今回はもう針金使っちゃったので

グラグラのまま頑張ってもらおうかと思います。

 

 

で、お次は

さつきで「星の輝」です。これも嫁チョイス。

やっぱり、ミニ盆栽が見た目にも可愛いくて

印象が良いらしく、

ミニ盆栽を作りたいという思いからこのサイズ。

そして、これの小品サイズ盆栽が同時に飾られており

満開の花を見る→「星みたいだね」

品種名みる→「星の輝きだって!」

値段見て→「欲しー!」

と、ホシホシしてたので買ったげました。

裏から見るとこう

 

 

上から見るとこう

 

 

で、あとは自分用に真柏の素材を。

こちら 株立ちの真柏素材です。

これが左の枝を含めて1本の樹らしいので、

次回の植替え時期に正体を確認してから、

潰しにかかろうかなと思います。

潰せば10cm以内で行けるかと。

 

 

足元アップしますね。 足元にもまだ胴吹きが見られるので、

まだまだ素材として放置してていいかなとかとも思ったり。

この芽もこういう芽を大切に育てて

未来の1パーツになってもらいます。

 

裏から見るとこう

枝数は十分ですが、

肝心のボディが不十分です。

潰した枝をボディにするしかないか。

 

裏面の足元アップ

これが1400円だったかな。

 

 

 

で、もう1本真柏の素材。カブトムシの角のようなジンが売りの

ミニ素材です。

小さく作るならボディは十分かと。差枝のイメージが付きやすい素材なので

あとはいじる人の力量ですね。

 

植替え時に、左へ、そして奥へ倒したいな。

で、これも今は触らず培養タイムですね。

おし、休眠期になったらいじろう!

うー今から楽しみー!

 

もしかしたら触りたすぎて休眠期を待たずに

いじっちゃうかもしれませんw

 

裏から見たところと、裏のアップいい素材です。

これが1500円。

どこの盆栽グループにも属さない一般人が

これをこの値段で手に入れる機会は

こんな時しかありません。

行ってよかった!

 

そしていい盆栽もいっぱい見れたので

満足です♪

可能であればもっと時間をかけて

じっくり2、3周したいところ。

 

コメント