どこで手に入れてるの?盆栽の入手経路まとめ

盆栽

みんな盆栽をどこで手に入れているの?どこで手に入るのか分かんない。そんな方のために盆栽の「入手経路」をまとめました。大きく分けると「ネットで買う」か「現地に足を運んで買う」かの2つです。それぞれ順番に説明していきます。

ネットで買う

まずはネットで買う方法から。生活圏内に盆栽関連ショップがなくても諦めないでください。今の時代は盆栽もネットで買えます。

楽天・Amazon・個人サイト

ネット上には多数の盆栽ショップが存在しますが基本的には現実の店舗形態と同じで、楽天・Amazonといった巨大ショッピングモールに入っている店か、独立した店かの2パターンです。ネットは盆栽そのものに限らず、盆栽道具や土・肥料、農薬まで全部買えます。そしてネットの良いところは巨大ショッピングモールだろうが個人店だろうが、PCやスマホの前から一歩も動かずに全部回れるというところです。片っ端から眺めて良い盆栽を探しましょう。

メルカリ・ラクマ・ジモティー

メルカリ・ラクマはショップではなく「フリーマーケット」のアプリです。さらに「店」ではなく「個人」が出品しているため必然的に「店の儲け」というマージンが少なくなり、割安で手に入れることができます(売る側もお店に売るより高く売れる)(少ないと書いているのはメルカリのマージンが発生しているためです)。

ジモティーは「地元の掲示板」アプリです。不要になった盆栽を引き取って欲しい、安く買い取って欲しいという投稿者と直接やり取りして購入・譲受が可能です。こちらも「個人」間の取引ができるの格安で手に入ることがあります(ジモティーのマージンは有りません)。

メルカリ・ラクマ・ジモティーは今までの「お店と個人」BtoCではなく「個人と個人」CtoCでの取引で、お店というマージンが極端に少ない世界でありこれからもっと普及していくであろう文化です。盆栽の数はまだまだ少ないですが、少ないからこそチャンスもいっぱい転がっているのでチェックしときましょう。

ヤフオク

ヤフオクは言わずと知れた「ネットオークション」サイトです。ネット上で最も盆栽が取引されている場所で、1円〜数十万する盆栽が数えきれないほど出品されています。オークションという形態なので格安でGETできることもしばしば。盆栽の購入もできますが盆栽の目利き力も磨ける良い場所です。

現地に足を運んで買う

現物を見て買いたいという方は、現地まで足を運ぶ必要があります。

盆栽園

盆栽園は常時盆栽を扱っている場所で同時に販売もしていることろがほとんどです。少し雰囲気があって入りにくかったりもしますが、良い盆栽を手に入れるためなら気にせず入っちゃいましょう。素晴らしい盆栽もいっぱい置いてあるので勉強にもなります。「ちょっと見ても良いですか?」程度で良いので園主に話しかけるのがオススメです。東京だと上野グリーンクラブという盆栽オアシスがあるのでそちらもおすすめ。

盆栽展・盆栽イベント・その他イベント

盆栽展盆栽イベントに行くとほとんどの場合「即売所」が併設されています。いろんなショップが1箇所に集まるため盆栽園巡りに比べると回るのが楽です。これが楽しみで盆栽展に行く方も多いのではないでしょうか。イベントの大きさによって即売所の参加店舗数(品数)が異なります。

その他

他にも盆栽関連のショップ(実店舗)、園芸店/ホームセンターの盆栽コーナー、道の駅などでも盆栽が手に入ります。盆栽や苗も売っていますが、盆栽専門ショップ以外では盆栽用ではなく植木・庭木用の樹も同時に売ってることが多いため、この中から「これ盆栽にできるんじゃないか?」という「当たり」を探し出す楽しさもあります。品数は少なめ。

採取する

あとは自然のものを採取して盆栽にするという選択肢があります。自然に生えてる樹から種を採取して実生したり、樹そのものを取ってきて盆栽にすることが可能です。特に「山採り」は字の通り山で採取して盆栽に仕立てるもので、幹肌や枝流れが人工的なものではないため独特の雰囲気を持っており人気のワードになっています。

注意】自然のものを採取するのはほとんどの場合「許可」が必要です。公園に落ちてた種を拾ってきたくらいなら大丈夫か思いますが、公園の樹や街路樹の枝を折ったり傷つけたりすると器物破損で捕まったり、勝手に山採りすると不法侵入や窃盗になることもあるので注意してください。

■盆栽MAPについて

正直なところ盆栽はまだまだネット上の発信が少ない分野で実店舗を一つ一つピックアップして解説したり比較するのが難しいです。Twitterで「@fujimax6 」さんが「盆栽MAP」という盆栽関連の場所のみを登録するMAPを作って広めているので、お近くに盆栽関連ポイントがある場合は気軽に追加しちゃってください。1人でできないならみんなで作りましょうということです。盆栽好きならコツコツ作るのが好きでしょ?これが出来上がればすごい良いものになると思うし、出先で盆栽関連ショップを探すときなんかにも便利なので、みんなで作ってみんなで使っていきましょう。

盆栽マップ | Map Life
盆栽に関する情報を共有するマップです。盆栽園や、盆栽を販売している園芸屋・ホームセンター、盆栽鉢を販売している百均、盆栽の本を販売している本屋など、色々な盆栽に関する投稿をお待ちしています。

その他

人からもらう・買う

あと「人からもらう・買う」という選択肢があります。すでに盆栽を始めている方に譲ってもらう場合は育て方などの情報も同時に手に入るし盆栽仲間も増えるので近くに盆栽をしている方がいれば声をかけてみるのも非常にアリです。盆栽やってる方も「盆栽始めたいんですけどよく分からなくて…」と話しかけられるのを待ってます(多分)。ポット苗などの「素材」段階であればTwitterで呟けば無償提供してくれる方と出会えるかもしれません。もしかするとある程度育ったものを譲ってくれる方もいるかもしれません。積極的にすでに盆栽を始めている方と絡みましょう。

□ネット購入と現地購入のメリット・デメリット

それぞれのメリデメをまとめたので参考までに読んでください。

  • ネット購入
    • メリット
      • 近くに実店舗がなくても買え、PC・スマホの前から動く必要がない
      • 短時間で多くの商品を見ることができる
      • 家に届けてくれる
    • デメリット
      • 写真でしか判断ができない(大きさ、立体感の把握が難しい)
      • 送料がかかる
  • 現地購入
    • メリット
      • 実物を細部まで見ることができる
      • 送料がかからない分安く手に入る
    • デメリット
      • 実店舗まで行く必要があり、見て回るために移動し、歩き回る必要がある
      • 見て回るのに時間がかかる
      • 買ったものを持ち帰る必要がある

他にも盆栽園に卸している素材屋から直接購入したり、自から山や畑に種を撒いたり苗を植えたりといった方法もありますがそんな環境は一般的ではないため割愛しました。

※総評すると、ネットだと「ヤフオク」、現地購入だと「盆栽展の即売所」が、掘り出し物と出会える確率高めでオススメです。

Twitterやってます。

コメント

  1. […] 盆栽の入手経路まとめはこちら […]

タイトルとURLをコピーしました